こんなところが良かった!私が感じた保育園のメリットとは?

こんなところが良かった!私が感じた保育園のメリットとは?子育て
スポンサーリンク




こんにちは、Sunnyです。

昨年10月から始まった息子の保育園生活も、もうすぐ5か月目に突入しようとしています。

続く体調不良や登園拒否など、「保育園はまだ早かったのかもしれない。」「本当に息子のためになっているのか?」などと思うことも沢山ありましたが、今では本当に「保育園に通わせて良かった。」と心から思っています。

登園拒否についての記事はコチラ↓

保育園に行きたくない! 登園拒否の原因は私にあった
私の妊娠・出産を機に保育園に通い始めた2歳の息子。しかし突然の登園拒否が始まりました。「保育園に行きたくない!!」しかしその原因は実は母親である私にあったのです。これは私と息子の保育園を通した親子の記録。

そこで今回は実際に通わせてみて感じた「保育園のメリット」について書いてみたいと思います。

私が感じた保育園のメリット

スポンサーリンク




社交性が身に付く

男の子

息子は元々とても引っ込み思案な性格で、同年代のお友達と遊ぶことがあまり得意ではありませんでした。支援センターに連れていった際にも、他のお友達が来ると逃げてしまうくらい、、、。

そのため「保育園で他のお友達と遊ぶことが出来るのか?」というのが大きな心配事のひとつでした。

確かに初めの頃は本人も大きなストレスを感じており、なかなかお友達と打ち解けることが難しかったようですが、5カ月経った今では少しずつ関わりを持つことが出来ているようです。

親の心配などどこ吹く風。

子どもの順応性の高さと心の成長をしっかりと感じています。

家族以外に信頼出来る大人が出来る

保育士

前述したとおり引っ込み思案な性格の息子は、人見知りも酷いんです。初めて会った人には挨拶も出来ず、いつもカチコチに固まって私の後ろに隠れていました。

そのため保育園で皆と過ごすことが出来るのか、当初はとても不安に思っていました。

しかし保育士さんたちはさすがプロ。

すぐに息子の心を掴んで打ち解けてしまいました。(これには正直びっくり。保育士さんって本当に凄い。)そして今では「先生大好き」に。

保育園での不適切な指導や体罰など、メディアでは色々と言われることも多い世の中。実は私もテレビでこういったニュースを見るたびに不安になっていました。しかし実際には熱心で素晴らしい保育士さんたちがほとんどだと思います。

息子のことを慈しみ、愛情を持って見守ってくれる存在が一人でも多くいることは、とてもありがたいことだと感じています。

そして家族以外にもこうして信頼できる大人がいるというのは、息子にも良い影響を与えてくれるはずです。

規則正しい生活が出来る

目覚まし時計

保育園へ通い始める前は、毎日の生活リズムに多少のバラつきがあったように思います。しかし保育園では登園時間やお昼寝の時間が決まっているため、朝起きる時間や夜寝る時間も自然と定まってきました。

目が冴えて夜遅くまで起きているというようなことが無くなったのは、親としても大変助かります。そして毎晩しっかりとした睡眠をとることは、子どもの成長にとっても重要なことです。

この健康的な生活リズムがしっかりと出来たことは、本当に良かったと思っています。

たくさんのことを学べる

文房具

保育園では毎日工夫を凝らしたカリキュラムが組まれています。

外遊びや工作、歌、お遊戯、塗り絵、絵本など、本当に毎日沢山のことを経験しており、息子にとっても良い刺激になっているようです。新しい体験をする度に「今日はこんなことをやったよ!」と嬉しそうに教えてくれる姿を見るだけで、「あぁ、良かった。」と思わずにはいられません。

家では出来ないような経験が出来ることや学びの幅が広がることは、保育園の大きなメリットのひとつと言って間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク



栄養満点の給食

ランチプレート

中には毎日お弁当という保育園もあるかもしれませんが、息子の通う保育園は完全給食制。

正直言って、めちゃくちゃ楽です。

しかもメニューのバリエーションが素晴らしい。毎日工夫を凝らした栄養満点の給食を提供してくれています。

お昼にこの栄養満点のランチを食べていると思うだけで、朝食や夕食は少し手を抜いてもいいかな、、、なんていう日もあり、精神的に非常に楽になりました。

年齢に合ったしつけをしてくれる

トイレトレーニング

保育園では子どもたちの年齢に合わせたしつけをしてくれるため、家でのしつけの苦労が少ないように思います。

そんな息子はただいまトイレトレーニング真っ最中。

保育園で他のお友達と一緒にトイレトレーニングを行うことで、よりスムーズに進んでいます。

これをすべて一人でやったら正直大変だっただろうな、、、。保育園様様です。

また最近は給食をお箸で食べるトレーニングも始めたようで、自宅でも嬉しそうにトレーニング箸を使って見せてくれるようになりました。

そんな姿を見ているだけで、息子の成長に自然と頬が緩んでしまいます。

保育園は「かわいそう」なんかじゃない。

保育園

「まだ小さいのに保育園はかわいそう、、、。」

通園の理由がなんであれ、親なら一度はこう思うことがあるはず。

しかし保育園に通うことは、子どもにとってもメリットがたくさんあります。

というか私は今のところメリットしか感じていません。

これは間違いなく 子どもの世界が広がるチャンス。

前向きな気持ちで毎日を楽しみたいものです。

 

【保育園】に関する記事 こちらも合わせてチェック↓

保育園に行きたくない! 登園拒否の原因は私にあった
私の妊娠・出産を機に保育園に通い始めた2歳の息子。しかし突然の登園拒否が始まりました。「保育園に行きたくない!!」しかしその原因は実は母親である私にあったのです。これは私と息子の保育園を通した親子の記録。

◆人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします。◆
↓↓↓
国際恋愛・結婚ランキング

タイトルとURLをコピーしました