【国際結婚夫婦】我が家の子育て アメリカ式?日本式?

【国際結婚夫婦】我が家の子育て アメリカ式?日本式?子育て
スポンサーリンク




アメリカと日本の国際結婚である私たち夫婦は、現在3歳と0歳の息子たちの子育て真っ最中。毎日忙しい日々を送っています。

夫は育児にとても協力的であり、子育てにはしっかりと二人で関わっています。

そんな中で時には子育て方法を巡って意見がぶつかることも。子育てに関する常識が、アメリカと日本で全く違うことがあるのです。

しかしこれは選択肢が広がるチャンスなのかもしれない。

日本の子育ての常識に囚われず、自分たちにあった子育て法を考えるきっかけにもなっています。

今回はそんな我が家の子育てを少し紹介してみたいと思います。

アメリカと日本の子育てはこんなところが違う

スポンサーリンク




赤ちゃんは子供部屋に一人で寝せる?

ベビーベッド

日本では母親と子どもが同じ部屋で寝ることが当たり前の光景です。また、母親だけでなく家族全員が文字通り「川の字」で寝ることもあるかもしれません。

しかしアメリカをはじめとする欧米諸国では赤ちゃんのうちから子ども部屋を与え、ベビーベッドで寝せるのが一般的です。

これは子どもの自立心うんぬん以前に、夫婦の寝室を守るためにしているのでしょう。

「母親」「父親」という役割だけでなく、「夫婦」としての時間も重要視する欧米らしい考え方ですね。

日本では子どもを産んだとたんに「お母さん」「お父さん」になってしまいますから。

我が家の場合 アメリカ式?日本式?

長男が生まれた際は我が家も子ども部屋にベビーベッドを設置し、赤ちゃんは子ども部屋に一人で寝かせていました。

子ども用の可愛いカーテンに沢山のぬいぐるみ、ベビーモニターまで完備した子ども部屋。

数週間後、、、

ベビーベッドは物置に

子ども部屋は私の寝室に変貌を遂げたのです。

私は夫婦の寝室、赤ちゃんは子ども部屋で別々に寝ていたため

泣く度に子ども部屋に移動して授乳

オムツを替え

寝かしつけをしてから自分の寝室へ戻る

泣いたらまた起きて子ども部屋へ行く

正直言って、「面倒くさい」

新生児の子育ては本当に大変です。昼夜を問わない授乳にオムツ替え、寝かしつけ、、、。

それでなくとも産後のボロボロ身体で動き回ることさえ辛い。

手間はなるべく省くべきなのだ。

よってこの子ども部屋のベッドで寝かせる案は 却下となり、子ども部屋での添い寝にシフトしました。

なんて楽なんだ!添い寝!!

子どもと一緒にお風呂に入る?

お風呂に入る子ども

子どもと一緒に湯船にはいるのは日本ではいたって普通の光景です。

しかし欧米では親子が裸で同じ湯船に浸かることは、あまり一般的ではありません。

性的虐待や児童ポルノなどの観点から、これらは非常識な行為とされているのです。特に異性の親であれば尚更。父と娘が一緒にお風呂に入るなどという場合には、性的虐待を疑われて通報されてしまうことさえあるようです。

これらの理由から、親は服を着たまま湯船の外から入浴介助をするのが一般的です。

我が家の場合 お風呂は一緒に入る?

日本のお風呂と欧米のお風呂はそもそも造りが違います。

欧米のバスルームには洗い場がないものが多いんです。その上浴槽も浅く、外からの入浴介助がしやすい造りになっています。

逆に日本の風呂場は入浴介助に全く適していません。

そのため我が家では、「一緒に入浴する」日本式を採用中。

ただし我が家は息子が二人のため、異性である私は一緒に入らないと決めています。入浴は完全に夫の仕事なのです。

スポンサーリンク




 

離乳食は作る?買う?

ベビーフード

日本では子どもの離乳食を作るのは当たり前のように据えられていますよね。

母親は必死に本を読んで勉強し、時には「離乳食教室」にまで通って愛する我が子のためにせっせと離乳食を作っています。

もちろん瓶やパウチに入ったものを買うことも出来ます。しかし大抵の母親は「手作りしなければいけない。」という使命感にいつも追われているようにさえ感じます。

しかし欧米では離乳食を買うことのほうが圧倒的に多いんです。フルーツに野菜、豆、肉などあらゆる食材のペーストがあり、子どもが食べやすいようにフルーツとミックスされているものも多くあります。またオーガニックなど、とにかく種類が豊富

しかし日本ではレトルトの離乳食の種類が非常に少ないです。実際に子育てしてみると分かるのですが、買ったもので済ませようとするといつも同じような食材に偏ってしまいます。

これも全て「離乳食は作るのが当たり前」という固定観念のしわ寄せなのでしょうか?

我が家の場合 離乳食は作る?買う?

長男の時は初めての子育てということもあり「愛する息子のために手作りしなければ。」という謎の使命感に支配されていました。

10倍粥をつくり、ほうれん草をすりつぶし、小分けにして冷凍庫へ。

正直気が遠くなる。

この離乳食作りのせいでストレスが倍増していたような気がします。これでは本末転倒

次男はもうすぐ生後2か月。あと数カ月で離乳食が始まります。

今回は「無理して離乳食は作らない。」と心に決めています。そんなことに神経をすり減らす時間があるなら、その分子どもと一緒に遊ぶほうがよっぽど良いのではないかと考えるようになりました。

離乳食を作ろうが買おうが、そこに愛情の差なんて微塵もありません。

固定観念に囚われず自分らしい子育てを

母親と息子

これは子育てに限ったことでありませんが、国によって常識や考え方が違うことは珍しいことではありません。そしてそのどちらが正しく、どちらが間違っている訳でもないのです。

こういった「違い」に触れる機会が多いのは、国際結婚ならではの利点と言っても良いのかもしれません。

固定観念に囚われず、広い視野を持って「自分に何が合うのか」をしっかりと見極めていくことが大切なのではないでしょうか。

 

【子育て】に関する記事 こちらもおすすめ↓

保育園に行きたくない! 登園拒否の原因は私にあった
私の妊娠・出産を機に保育園に通い始めた2歳の息子。しかし突然の登園拒否が始まりました。「保育園に行きたくない!!」しかしその原因は実は母親である私にあったのです。これは私と息子の保育園を通した親子の記録。
【ハーフの見た目】髪の色、瞳の色はどう遺伝する?兄弟での違いは?
産まれてくる子どもの顔をあれこれ想像するのは、妊娠中の楽しみの一つでもあります。特にハーフベビーにおいては、髪の色も目の色も実際に産まれてくるまで全く予想出来ないものです。そこで今回はハーフである我が家の息子たちについて、見た目がどのように遺伝したか紹介してみたいと思います。

◆人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします。◆
↓↓↓
国際恋愛・結婚ランキング

タイトルとURLをコピーしました