産後クライシスの正体 対処法は存在するのか?

産後クライシスの正体 果たして対処法は存在するのか?妊娠・出産
スポンサーリンク




出産後に夫婦仲が急速に冷え込んでしまう「産後クライシス」。

「うちは仲が良いから大丈夫」などと思う夫婦も多いのではないだろうか。しかしこの「産後クライシス」はどんなに仲の良い夫婦にも起こりうるものなのである。

現に我が家は夫婦仲がすこぶる良い。夫は家事にも育児にも非常に積極的であり、正直ケチの付けようがないのだ。

しかしそれでも産後はイライラしてしまう。

小さなことが目について仕方がないのだ。

昨年11月に次男を出産した我が家は現在子育て真っ最中。まさにイライラが最高潮に達しているのである。

今回は離婚の原因にもなりかねない「産後クライシス」について、妻目線での本音を書いてみようと思う。

 

産後クライシスとは一体何なのか?

スポンサーリンク




「産後ガルガル期」を侮るなかれ

ライオン

女性の身体というのは非常に繊細なものである。特に「出産」という大きな仕事を終えた女性の身体は、もうボロボロなのだ。

皆さんは「産後ガルガル期」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

出産後はホルモンバランスがガタガタに崩れ、精神的なバランスを崩しやすいものである。この時期には「子を守る」という本能が強く働き、周囲に対してガルガルと威嚇してしまうのだ。この時期を「産後ガルガル期」という。

Wikipedia⇒産後ガルガル期

私は長男を出産時にこの「ガルガル期」を存分に経験したため、今回もかなり警戒していた。

ホルモンバランスを整えるお茶を飲み

怒りを溜め込まないように注意し

何よりこの産後のイライラについて夫としっかりと話し合った

しかしそれでも急激なホルモンバランスの変化には太刀打ち出来ないのだ。

こればかりは仕方がない。

夫のこんな言動にイライラする

このように「ホルモンバランスのせいだ」と頭では分かっていても夫の行動にイライラが募る毎日なのだが、実際に夫のどういった言動にイライラしているのかをご紹介しよう。

angry

「手伝う」という言葉

「手伝おうか?」という言葉はこの時期には最大のタブーである。

オムツ替えを手伝おうか?

寝かしつけを手伝おうか?

一見すると協力的な夫に見えるのだが、「手伝う」という言い方はとても無責任に聞こえる。

「手伝う」という言葉は「君の仕事を手伝う」のように聞こえてしまうのだ。子育ては母親だけの仕事ではない。自分の子供のオムツを替えることは当たり前のことである。

これを聞いて「たかが言い方ひとつでいちいち気にしすぎる。」なんて思うだろうか?

忘れないでいて欲しい。

産後はホルモンバランスの影響で些細なことが気になり、イライラし、すぐに落ち込むのだ。

これが産後メンタル。通常時とは違うということを理解して欲しい。

マイペースさにイライラ

新生児の子育ては24時間体制。正直身も心も休まる時がない。睡眠時間もしっかりと取れず、ましてや自分の時間などゼロに等しいのである。

そんな中で産後も変わらずマイペースに生活している夫を見ると、ついイライラしてしまう。

例えば

・ゆっくりご飯を食べる姿。⇒私は座ってご飯を食べる余裕も時間もないのに、、、。

・朝晩2度のシャワーを浴びる。⇒私はシャワーすら浴びれない日もあるのに。

・イビキをかいて熟睡している。⇒私は夜中の授乳で何度も起きて寝不足なのに。

産後の母親の生活は180度変化する。自分のことなど二の次三の次。温かい飲み物を飲む時間さえとれないこともある。

夫は産前と変わらずに同じことをしているだけなのだが、この「変わっていない」ことに不公平感を感じてしまう。

いつも指示待ちである

「自分で何をしたら良いか考えて!」

これは私が夫に何度も放ったセリフである。

夫は頼めば何でもやってくれる。裏を返せば「指示を出さなければ何も出来ない。」

産後はそんな姿にイライラを隠せない。いちいち指示を出さなくとも、自分で考えてやって欲しい。こちらは指示を出すのも面倒くさいほど疲れているのだ。

子育て中の女性の頭は常にフル回転状態なのだ。「やらなければいけないこと」を常に2つも3つも抱えている。

指示待ちをされるということは、「夫に指示を出す」という仕事が一つ増えるということなのだ。

産後クライシスに対処法は存在するのか?

夫婦喧嘩

さて私が実際にイライラした体験についていくつかご紹介させていただいたのだが、果たしてこの「産後クライシス」に対処法などというものは存在するのだろうか?

これは個人的な意見なのだが、「対処法などというものは存在しない」と思っている。

先ほど例に挙げた「イライラの理由」をクリアしたとしても、きっと何か違うことでイライラしてしまうはずなのだ。

それほどまでに産後のメンタルはボロボロなのだ。

そんな状態の中、唯一出来ることはお互いに「産後メンタルを理解すること」だと思う。

産後はどうしたってイライラしてしまう。

些細なことで気を病んでしまう。

小さなことに傷ついてしまう。

これは事実なのだ。

このような状態にあることを夫にきちんと理解してもらうこと。

理解した上で行動してもらうこと。

夫はこれを理不尽だと思うだろうか?

しかしそれだけの大仕事をしたのだ。

命を懸けて子どもを産んだのだ。

そしてその子どもを守るために、多くのものを犠牲にしているのだ。

一番身近にいる夫がこのことを理解し、感謝し、時には我慢すること。

それ以外に対処法などないのではないだろうか。

 

こちらも合わせてチェック↓

【国際結婚の悩み】言われなきゃ分からない夫 VS 言わなくても分かって欲しい妻
国際結婚で直面する壁というと「文化の違い」や「生活習慣の違い」といったことが多く挙げられますが、実際に結婚生活が続いていくと本当に大変なのは「無意識に染みついた感覚」の違いだという事に気が付きます。今回は私が実際に国際結婚をして直面した悩み、「言われなきゃ分からない夫 VS 言わなくても分かって欲しい妻」についてご紹介します。

◆人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします。◆
↓↓↓
国際恋愛・結婚ランキング

タイトルとURLをコピーしました