日本人による「無意識」で「悪気のない」人種差別

日本人と人種差別海外・文化
スポンサーリンク




皆さんは「人種差別」と聞くとどんなことを想像するだろう?

実際に海外で人種差別をされた経験がある人もいるかもしれません。

私も実際にフランスの街角で大声で罵倒された経験があります、、、。(アジア人に対する文句を延々と大声で叫ばれるというあからさまな嫌悪感をぶつけられた。)

このようにアジア人である日本人は「人種差別」というと「差別される側」としてのイメージが強いように思います。

しかし今回はそんなイメージとは反対に「差別する側」としての日本人について話題にしてみたいと思います。

日本人と人種差別

スポンサーリンク




悪気のない無意識の人種差別

人種

私自身、国際結婚をするまでは「日本人は人種差別をしない。」「日本人は差別される側」という被害者意識を強く持っていました。

人種差別とは「特定の人種に対する暴力や嫌がらせ」といった激しくあからさまなものだけでなく、”「見た目」で判断して「偏見」を持つ”ことも含まれているのではないでしょうか。そして日本人はこの”「見た目」で判断して「偏見」を持つ”ことを悪気なく、無意識でしていることが本当に多いのです。

外国人夫に対する悪気のない「偏見」

アメリカ人である夫と一緒にいると、「悪気のない偏見」にしばしば遭遇することがあります。

スーパーやコンビニで支払いの際に夫が日本語で話しているにも関わらず、「ドライアイス使いますか?」「袋はいりますか?」「お箸入れますか?」と夫を見ずに隣にいる私に全て聞いてきたりするのは日常茶飯事。

レストランでオーダーする際にも夫が日本語で頼んでいるにも関わらず、注文の確認やサイドメニューの選択、ドリンク等々、すべて私に聞いてくることもあります。

間違いがないように確認しているのかもしれない。

外国人だから緊張して私に全て聞いてくるのかもしれない。

どちらにせよ全く悪意は感じられません。

でも実際にこれを自分がやられたら結構傷付くのではないでしょうか。

”外国で頑張って英語で話したのに、自分を見ずに一緒にいるネイティブスピーカーに全て確認される。”

要はこういうことです。

見た目の誇張表現

目じりを引っ張って目を細くするジェスチャーは、アジア人に対する差別的なジェスチャーであることは良く知られています。(目の小さいアジア人を揶揄するようなジェスチャーと据えられている。)

では外国人の真似をするときに付け鼻をして必要以上に鼻を大きく見せたり、イントネーションの不自然な片言の日本語で話すことはどうでしょう。

これらはいまだにテレビなどのメディアでも多く見られ、笑いの対象になったりもしています。

私はこれにとてつもない違和感を感じずにはいられません。

外国人に「ハロー」というのは差別?

日本人に「ニーハオ」というのは「差別」?

では外国人に「ハロー」と言うのはどうでしょう。

前者は以前にtwitterで目にした話題です。恐らくほとんどの方が「人種差別」と感じるのでしょう。しかし後者を「差別」と感じる日本人は少ないようです。

どちらも見た目で判断していることには変わりない。

アジア人はダメで欧米人なら許される?

見た目で判断して悪気なく「ハロー」と言った相手は、本当に英語圏の方ですか?

フランス人の同僚の話

外国人に対する「ハロー」に関して、ひとつの体験談をシェアしてみたいと思います。

以前一緒に働いていた同僚の話。

彼はフランス生まれフランス育ちの日仏ハーフ。フランス語はネイティブ、日本語は日常会話程度。

日本では日本語で生活しているのですが、たびたび「外国人」という見た目で判断されて「英語」で話しかけられることに少しだけ憤りを感じていました。

男性

アメリカ出身でも

オーストラリア出身でも

フランス出身でも

ブラジル出身でも

日本人は見た目で「外国人」というひとくくりにしてしまいます。

アジア人=中国人とひとくくりにするのと何ら違いがないようにも見えます。

その「外国人」は英語が話せないかもしれない。

見た目は外国人でも、日本生まれ日本育ちかもしれない。

片親が外国人のハーフかもしれない。

見た目だけでは何も分からないのです。

しかし日本人には「差別」の感覚や「悪気」は全くない。

それどころか「良かれと思って」やっていることのほうが多いのかもしれません。

では外国人にはどう話しかけるのが正解?

この問題に関して私個人的には、「相手が外国人であろうとなかろうと、今いる現地の言葉で話しかけるべき」なのではないかと考えています。

外国で「ニーハオ」とあいさつされて不快に思う人も、中国を旅行中に現地の言葉で「ニーハオ」と言われても何も感じないでしょう。

逆に現地の言葉で挨拶されて、嬉しく感じることもあるかもしれません。

そこがアメリカだったら「ハロー」で良いんです。

そこがフランスだったら「ボンジュール」

日本だったら「こんちには」

相手の人種を見て言語を変えるのではなく、相手の見た目に関わらずまずは「現地の言葉」で話しかけるのが最適な方法ではないでしょうか。

スポンサーリンク



 

差別する側としての日本人

日本人が無意識でしている悪気のない「人種差別」について、いくつか例を挙げてみましたが、これらはすべて「日本に住む」「国際結婚夫婦」である私が感じたものです。海外に住む方々は「差別される側」としての意見を強く持っているかもしれません。

しかし個人的に思うのは、

日本人は「差別される」ことに関してはとても敏感だが、「差別する」ことに関してはとても鈍感だということ。

日本に訪れる外国人も年々増加し、今後こういったことに遭遇する機会もどんどん増えてくるでしょう。

自分が無意識にしている行動が人種差別になり得るかもしれない。

悪気がなくても、相手を不快にさせてしまうかもしれない。

そのような可能性をしっかりと把握しながら、今後更に「人種差別」について理解を深める必要があるのではないでしょうか。

「人種差別問題」は遠い外国の話ではなく、実は身近なところに存在しているのです。

こちらの記事もおすすめ↓

【国際恋愛】文化の違い?別れた相手との付き合い方が受け入れられない
皆さんは別れた相手と連絡を取るタイプですか?国際恋愛における元カノ・元カレ・元パートナーとの付き合い方は、日本人の常識とは少し違う場合があります。これは文化の違いなのでしょうか?私がどうしても受け入れることができなかった、「別れた相手との付き合い方」をご紹介します。
【国際結婚の悩み】言われなきゃ分からない夫 VS 言わなくても分かって欲しい妻
国際結婚で直面する壁というと「文化の違い」や「生活習慣の違い」といったことが多く挙げられますが、実際に結婚生活が続いていくと本当に大変なのは「無意識に染みついた感覚」の違いだという事に気が付きます。今回は私が実際に国際結婚をして直面した悩み、「言われなきゃ分からない夫 VS 言わなくても分かって欲しい妻」についてご紹介します。

◆人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします。◆
↓↓↓
国際恋愛・結婚ランキング

タイトルとURLをコピーしました