子どもの時差ぼけ どう治す?

子どもの時差ぼけ どう治す?子育て
スポンサーリンク




国際結婚には海外への帰省が付き物。我が家はほぼ毎年1~2回、アメリカの夫の実家へ帰省をしている。

莫大な帰省費用や長距離の飛行機、複数回の乗り換えなど、1度の帰省でも大変なことが山積みなのだが、特に大変なのが「子どもの時差ぼけ」。

夫の実家があるアメリカ東海岸と日本では14時間(サマータイム中は13時間)の時差がある。ほぼ真逆である。

そして帰省の度にこの時差ぼけとの戦いを繰り広げている。

時差ぼけは大人でも解消するのに数日かかるものだ。ましてや子どもには時差ぼけの概念などあるはずもなく、「眠ければ寝る」「目が覚めていれば遊ぶ」この繰り返し。当然それに付き合う私の時差ぼけも解消しない。このような悪循環に陥ってしまう。

こんな経験を何度も繰り返し、最近になってやっと自分なりの解決法に辿り着いたように感じている。

今回は、これまでの経験や実際に試した方法をもとに私が辿り着いた「子どもの時差ぼけの治し方」を紹介してみよう。

子どもの時差ぼけ 治し方の正解は?

スポンサーリンク




体力を酷使する長距離移動 寝かせてあげたい親心

私たちは現在日本の田舎に住んでいるため、夫の実家に帰省するだけでかなりの大移動になる。(国内移動だけでもかなりの長距離なのだ。)

自宅の玄関を出てから夫の実家の玄関をくぐるまで、ざっと見て約24時間もかかる。

そんな大移動を終えた後、

「子どもを好きなだけ寝せて休ませてあげたい。」

「なるべく無理をさせたくない。」

こう思うのが親心。

そのためいつも無理に起こすことはせず、「眠たくなったら寝せる、覚醒したら一緒に起きて遊ぶ」ということを繰り返していた。

そのうち自然に時差ぼけが解消するだろう。

などと思いながら。

そしてこの考えは完全に甘かった。

いつまでたっても時差ぼけが解消しない悪循環

寝る子どもと犬

子どもに無理をさせたくないという思いから、自然に任せて寝る・起きるを繰り返してきたのだが、

3日経っても

5日経っても

1週間経っても

全く時差ぼけが解消しない。

その上、子どもに付き合って夜中に起きている私の時差ぼけも解消しない。

完全な悪循環に突入だ。

しかし何故か「こんな小さな子に無理はさせられない。」という謎の使命感にいつも支配されていたように思う。

これでは結局最後まで時差ぼけが解消しないのだ。

無理に起こしてみた結果

ある年のクリスマス。

いつもは時差ぼけで爆睡している時間に家族写真の撮影があった。そのため可哀そうとは思いながらも息子を起こしたのだ。深く寝ていたところを起こされて不機嫌な息子。しかしクリスマスの賑やかな雰囲気に少しづつ目を覚ましていった。

クリスマス

そして結局、夜中まで覚醒。

皆と一緒に眠りについたのだった。

そして次の日の朝には普通に起床。

あれっ?普通に時差ぼけ治ってるやん。

今までの私の苦労は何だったのだろうか。

楽しければ子どもは起きる

子どもを思うあまり眠たいときに起こす→可哀そう」という考えに囚われていたのだが、この経験から「起きて楽しむ」という考え方に少しづつ自分の頭を慣らしていった。

その結果辿り着いたのが、「楽しければ子どもは起きる。そして自然と時差ぼけも解消する。」ということ。

「少しでも長く起きていたい。」と思える楽しみを準備しておくことが、実際には一番効果があったように思う。(自分の罪悪感も少ないので一石二鳥)

一気に長時間起こしておく必要はない。しかし毎日少しづつ起こしておく時間を増やしていくことで、子どもも自然に時差ぼけを解消することが出来るように思う。

 

スポンサーリンク



やはり太陽の光は最強

一本道

太陽の光を浴びることは時差ぼけ解消法としては良く知られた対処法だが、これは子どもでも同じ。特に朝日を浴びることは体内時計をリセットさせると言われており、時差ぼけの解消には抜群の効果を発揮する。

この朝日を浴びるため、毎朝息子と共に犬の散歩に出掛けることにした。

犬の散歩

夫の実家では大型犬を飼っており、普段犬の散歩とは無縁の息子は大興奮。自分でリードを持ち、楽しそうに毎朝20分から30分ほど散歩をしてくれたのだった。

そしてその甲斐あり、時差ぼけもすんなりと解消することが出来た。

そして何より「無理をして起こしている。」という罪悪感がないのは、親としても気が楽なものである。

子どもの時差ぼけ解消法 結論は?

さてこれまでの私の体験談を書いてみたのだが、結論としては

・「無理に起こす→可哀そう」という罪悪感を捨てる。

・子どもが「起きていたい」と思うような楽しみを準備する。

・朝の太陽をしっかりと浴びる。

この3つがポイントだ。

親としては「休ませてあげたい。」という気持ちが大きくなるのは仕方がないこと。しかし「何もしないと結局は時差ぼけも解消しない」ということを身をもって体験した。

子どもは大人と違い自分で時差ぼけを解消することが出来ない。楽しみながら自然に時差ぼけを解消出来るよう、しっかりと準備してあげたいものである。

 

こちらも合わせてチェック↓

【子どもと海外旅行】2歳児連れの飛行機で本当に役立ったもの
国際結婚&2歳の息子を持つ私が実際に使用して感じた「子連れフライトで本当に役立ったもの」をご紹介したいと思う。フットレストやゼリー飲料など、子ども連れならではの便利グッズがたくさん。しっかりと事前準備をして、楽しい旅にしたいものである。
アメリカのココが好きだ!!
アメリカ人の夫を持つ私が選んだ「アメリカのココが好き!!」についてご紹介します。アメリカの習慣はやっぱり日本とは全然違う!でも良いものは良いし、便利なものはやっぱり便利なんですよね。

◆人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします。◆
↓↓↓
国際恋愛・結婚ランキング

タイトルとURLをコピーしました