第一子出産レポ① ~始まりは破水から~

第一子出産レポ ~始まりは破水から~妊娠・出産

スポンサーリンク

こんにちは、Sunnyです。

ついに妊娠期間も30週を過ぎ、第二子出産までのカウントダウンが始まりました。ひどい悪阻から始まった今回の妊娠は体調も安定せず、第一子の時に比べてなかなか大変でしたが、出産が近づくに連れてやはり感慨深くなってくるものです。

さて、今回は今更ながら私が長男を出産した時の「出産レポ」を書いてみたいと思います。

今回この第一子出産レポを書いてみようと思ったきっかけは、「出産の記憶を忘れないため」。

妊娠や出産は人ぞれぞれとは言いますが、同じ人でもその時々によって全く違うものだということに気が付きました。悪阻も、妊娠経過も、胎動も、第一子と第二子では本当に全然違います。きっと出産も全く違うものになるんじゃないかな?なんて思っています。

第二子出産で記憶が書き換えられる前に、私が長男を出産した際のことを書き留めておきたいと思います。

私の第一子出産レポ

私が長男を出産したのは、予定日より少し早い38週。一般的に初めての出産は予定日を超過することが多いと聞いていましたし、2日前の妊婦健診では特に子宮口の開きもなかったため、完全に油断した状態でその時を迎えてしまいました。

始まりは突然の破水

妊娠後期は大きくなった赤ちゃんが膀胱を圧迫するため、とにかくトイレが近くなるものです。30週を超えたあたりから夜中に何度も何度もトイレに行くようになっていました。

その日も夜中の3時頃にフッと目が覚めました。寒いからトイレに行くの嫌だな、、、なんて思いながらベットでゴロゴロしていると、、、

パンッ!

お腹の中で何かが弾けたような感覚が、、、。

実際に「パンッ」と音がしたのか、お腹に感覚があっただけなのかは正直分かりませんが、「あっ!」と思ったのを覚えています。

その後何だかジワジワとおしっこを漏らしたような不思議な感覚で生暖かいものが溢れてきました、、、。

慌ててベットから立ち上がると、今度は生暖かいものが一気に流れ落ちる感覚が、、、。

「破水!?」

隣で寝ている夫を叩き起こし、すぐに病院へ電話。入院セットを持ってすぐに来るように指示があり、そのまま着替えてすぐに出発。

かすかに手が震えていたのを今でも鮮明に覚えています。

外は大雪、そして凍えるほど寒い夜

スポンサーリンク


実はこの日は大寒波に襲われた日。玄関から出るとあたり一面が雪に覆われていました。(夫は私が準備をしている間に慌てて車の周りの雪かきをしていたそうです。)

そんな吹雪の中、急いで車で病院へ。

病院へ着くとすぐに、助産師さんが破水や子宮口の開きのチェックをしてくれました。

その結果、やはり先ほどの感覚は「破水」。そしてこの時点で子宮口は3cm開いていました。でも実はほとんど陣痛は感じていなかったんです。少しお腹がギューッと張るな~くらいの感覚で、「痛い」という感覚はまだありませんでした。

陣痛室での長い闘い

そのまま陣痛室へ通され、ベッドで横になりながら陣痛が進むのをひたすら待つ時間が始まりました。

私は大きな総合病院で出産したため陣痛室や分娩室の数が多く、陣痛室にいる間に何人もの赤ちゃんが生まれる瞬間を間近で聞いていましたが、これにはかなり恐怖を煽られた記憶があります、、、。

こうして他の妊婦さんが次々に分娩室へ移動して出産している中、じわじわと陣痛の痛みを感じるようになってきました。

ゆっくりですが確実に強くなる痛み。

そしてこの陣痛中にとても役立ったアイテムがこちら。

そう、テニスボール。

出産前に色々なサイトを見て勉強していたのですが、その中に「テニスボールでお尻のあたりを押さえると楽になる!」という記事があったため、一応テニスボールを持参していました。

コレが本当に役に立った!もうこの出産のMVPはこのテニスボールと言っても良いくらいです。

わたしは自分で持参しましたが、実際に病院の陣痛室にもテニスボールが準備されていたので、本当に効くんだと思います。

数分おきに陣痛がやってくると、お腹や腰のあたりに「ギューッ」という痛みがやってくるのですが、その時にお尻のあたりをテニスボールで強く押すと少し楽になりました。(是非試してみてください!)

そしてそんなことを繰り返しながら、陣痛室での時間が9時間ほど過ぎて行きました。

陣痛ってどんな感じ?

スポンサーリンク


皆さん陣痛っていったいどんな感じの痛みだと思いますか?良く「鼻からスイカ」とかいいますが、ぶっちゃけ鼻からスイカが出てくるような鋭い痛みじゃないんですよね。

私の中で一番近いと思ったのが、

「超巨大う○こ」をひたすら我慢する痛み。

これがかなりツラいです。むしろ鋭い痛みの方がマシ。

始めのうちはお腹や腰のあたりがギューッっと締め付けられて、超巨大う○こを無理に押し出そうとする感覚が数分おきにやってきます。子宮口の開きと共にこの締め付けがどんどん強くなってきて、間隔もどんどん短くなってくるんです。

ただこの陣痛って一度の痛みが長く続く訳じゃないんですよね。せいぜい1分くらいかな?ギューッと痛くなって、その後は全く痛みがない時間がやってきます。この全く痛みのない時間の間隔がどんどん短くなってくるんです。

そしてそうこうしているうちに、この「超巨大う○こ」を我慢する限界に達します。

 

⇒出産レポ②に続く

 

人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします♪
↓↓↓

国際恋愛・結婚ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました