国際恋愛・国際結婚~”Terms of endearment”とは?

国際恋愛

スポンサーリンク

こんにちは、Sunnyです。

突然ですが、皆さんはパートナーのことを何て呼んでいますか?最近ではもう普通に認知されていますが、海外では「ダーリン」や「ハニー」なんていういわゆる「Terms of endearment」で呼ばれることが一般的なんですよね。

実はこのトピック、ブログを始めたら絶対に書きたかったトピックのひとつなんです。何故かというと、、、まだ夫と付き合い始めの頃、この「Terms of endearment」に一喜一憂して随分と夜な夜なググった記憶があります。(まだまだ初々しかったあの頃、、、。)

そこで今回は、恋愛~結婚を通して私が感じた自分なりの「Terms of endearment」論を語らせていただきたいと思います。

良く使われる表現

●Darling ⇒日本では男の人をこう呼ぶ方が普通ですが、欧米では男女共に使いますね。

●Honey ⇒これも男女共に普通に使います。

●Hon ⇒Honeyの省略形。

●Baby ⇒我が家では全く使いません。私の中では恋愛中の盛り上がったイメージ。

●Sweetie ⇒家族間やごく親しい間柄の呼びかけに多い気がします。

●Dear ⇒私には年配の女性のイメージかな?

●My love /Love ⇒恋愛中の盛り上がったときに使ってました。

まだまだバリエーションはたくさんあるんですが、一般的なのはこんな感じですかね?



我が家で使うのはこの呼び方

Terms of endearmentっていつも同じものを使わなきゃいけないルールなんてないんですが、いつもの定番の呼び方は固定しています。

我が家では「Darling」が通常運転中。

●私⇔夫 darling

●私、夫⇒息子 Sweetie, Cutie, Goofy

※Goofyは「おばかさん」的なニュアンスで、息子が可愛くて間抜けなことをしたときに良く使います。

●私⇒夫 Hubby (Husbandの略)

※何か頼みたい時限定。

●夫の両親⇒私 Hon, Sweetheart

●夫の両親⇒息子 Cutiepie

あとコレはTerms of endearmentかは謎ですが、私が寝坊した時に「Sleepyhead」と呼ばれます。「Good morning, Sleepyhead!」的な感じで、、、😅

そういえば昔ワーホリでハウスキーパーのバイトをしていた時、イギリス人のおじいちゃんに「Sunshine」って呼ばれていたことがあるんですが、これ好きだったな。「Hello, Sunshine!」ってなんか可愛くないですか?

初めてdarlingと呼ばれた日

夫が私を初めて「darling」と呼んだのは、まだ正式にお付き合いを始める前でした。ただしもうお互い完全に「好き」な気持ちは分かっていて、、、あとは時間の問題っていうあの甘酸っぱい時期。

そしてこの日から私とGoogle検索との戦いが始まったのです。

「darlingって呼ばれたけどコレってどういうこと?」

「好きってこと?」

「どのくらい好きってこと?」

「もう恋人ってこと?」

「この呼び方にランクってあるの?」

[じゃあdarlingはどの程度好きってこと?」

今考えると若かったな、、、初々しいな、、、と思うんですが、本人はもう必死ですよね。

結局この少し後に夫から正式に告白⇒晴れて恋人同士になったのですが、その後も

「My loveって呼ばれたけど、I love youってこと!?」

「darlingとmy loveはどの程度違うの?」

なんていう小さいことで常にGoogleのお世話になっていました。

今なら胸を張って「不安なら直接聞きなさい」と言いますが、当時は私も初々しかったんです😂

結局「Terms of endearment」に意味はあるのか?

さてここからは色々と紆余曲折を通り抜けた私の見解。

「呼び方のランク」や「深い意味」について思いを巡らせたものの、わたし的には”この呼び方に「ランク」や「深い意味」を見出すことは意味がない”という結論です。なんかアッサリごめんなさい、、、。

というのも「Darling」にせよ「Honey」にせよこの「Terms of endearment」で呼ばれた時点で「特別」な存在であることは間違いないという見解です。(カフェとかでサラっと「Here you are, honey」なんて言われることはありますが、またそれは別の話。)

そして色々なバリエーションも、個人の好みの問題が強いんじゃないかな?と思います。夫の両親はお互いを「darling」と呼んでいたので、夫も自然と「darling」を使っているような気がします。これがたまに「Honey」とか「Hon」とか呼ばれたからって、特別何が変わった訳でもない。そんなことに一喜一憂している時間があるのなら、そう呼ばれた事実を噛みしめて幸せに浸っているほうが良い。

あの頃の自分に言いたい

「大丈夫。自信を持ちなさい。」と。



さてさて今回は私が思う「Terms of endearment」について書いてみました。これって個人差もあるような気がしますが、皆さんの場合はどうですか?

 

人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします♪
↓↓↓

国際恋愛・結婚ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました