【Terms of endearment】外国人は名前を呼ばない?パートナーの呼び方について

【Terms of endearment】外国人は名前を呼ばない?パートナーの呼び方について国際恋愛
スポンサーリンク




皆さんはパートナーのことを何と呼んでいるでしょうか。

外国籍の恋人やパートナーを持つ人には身近な話題なのですが、欧米ではパートナーの名前をそのまま呼ぶ機会というのが意外と少ないものです。

その代わり「ダーリン」「ハニー」といった「Terms of endearment」で呼ばれることが一般的です。

実はこの「Terms of endearment」はブログを始めたら絶対に書きたかったトピックのひとつでした。

何故かというと、、、

まだ夫と付き合い始めの頃、この「Terms of endearment」に散々一喜一憂した経験があります。

そこで今回は、恋愛~結婚を通して私が感じた自分なりの「Terms of endearment」論を書いてみたいと思います。

【Terms of endearment】外国人は名前を呼ばない?パートナーの呼び方について

Term of Endearmentとは?

初めに、このパートナーの呼び方「Term of Endearment」にはどんな表現があるのかを見てみましょう。

良く使われる表現

●Darling ⇒日本では男の人をこう呼ぶ印象が強いのですが、欧米では男女共に使用します。

●Honey ⇒日本ではどちらかというと男性が女性をこう呼ぶ印象が強いのですが、欧米では男女共に使用します。

●Hon ⇒Honeyの省略形です。

●Baby ⇒歌の歌詞なんかに多く出てきますね。ちなみに我が家では全く使いません、、。

●Sweetie ⇒家族間やごく親しい間柄の呼びかけに多いです。また子どもへの呼びかけに多く使用されます。

●Dear ⇒年配の女性が良く使うイメージです。

●My love / Love ⇒恋人同士で良く使用します。私たちも付き合いたての頃に良く使用していました。

まだまだバリエーションはたくさんあると思いますが、一般的なのはこのあたりでしょうか。

我が家で使うのはこの呼び方

Terms of endearmentはいつも同じものを使わないといけないルールなどないのですが、いつもの定番の呼び方はだいたい固定しているような気がします。

我が家では「Darling」が通常運転中。

●私⇔夫 darling

●私、夫⇒息子 Sweetie, Cutie, Goofy

※Goofyは「おばかさん」的なニュアンスで、息子が可愛くて間抜けなことをしたときに良く使います。

●私⇒夫 Hubby (Husbandの略)

※何か頼みたい時限定。

●夫の両親⇒私 Hon, Sweetheart

●夫の両親⇒息子 Cutiepie

あとこれはTerms of endearmentかどうか謎なのですが、私が寝坊した時に「Sleepyhead」と呼ばれることがあります。「Good morning, Sleepyhead!」と言われるのが定番です。

昔ハウスキーパーのバイトをしていた時、イギリス人のおじいちゃんに「Sunshine」と呼ばれていたこともあるのですが、これは結構気に入っていました。「Hello, Sunshine!」というのは何だか可愛いらしいですよね。

初めてdarlingと呼ばれた日

夫が私を初めて「darling」と呼んだのは、まだ正式にお付き合いを始める前でした。ただしもうお互い完全に「好き」な気持ちは分かっており、あとは時間の問題という時期。

そしてこの日から私とGoogle検索との戦いが始まったのです。

「darlingと呼ばれたけど、これってどういうこと?」

「好きっていうこと?」

「どのくらい好きなの?」

「もう恋人なの?」

「この呼び方にランクはあるの?」

[darlingはどの程度好きっていうこと?」

今考えると”若かったな”なんて思うのですが、本人はもう必死です。

結局この少し後に夫から正式に告白⇒晴れて恋人同士になったのですが、その後も

「My loveと呼ばれたけど、I love youっていうこと?」

「darlingとmy loveはどの程度違うの?」

なんていう小さなことで常にGoogleのお世話になっていました。

スポンサーリンク



 

結局「Terms of endearment」に意味はあるのか?

さてここからは色々と紆余曲折を通り抜けた私の見解。

「呼び方のランク」「深い意味」について様々な思いを巡らせたものの、“この呼び方に「ランク」や「深い意味」を見出すことは意味がない”という結論です。

というのも「Darling」にせよ「Honey」にせよこの「Terms of endearment」で呼ばれた時点で「特別」な存在であることは間違いないんです。

そして色々なバリエーションも、個人の好みの問題が強いのではないかと思います。

夫の両親はお互いを「darling」と呼んでいるので、夫も自然と「darling」を使っているような気がします。これがたまに「Honey」とか「Hon」とか呼ばれたからと言って、特別何が変わった訳ではありません。

そんなことに一喜一憂している時間があるのなら、そう呼ばれた事実を噛みしめて幸せに浸っているほうが良いかもしれませんね。

 

さて今回は私が思う「Terms of endearment」について書いてみました。これは個人差もあるような気がしますが、皆さんの場合はどうでしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました