経験者が語る!本当の国際結婚あるある

国際結婚

スポンサーリンク

こんにちは、Sunnyです😀

巷に溢れる「あるあるネタ」。「国際結婚あるある」なんてきっとネット上に沢山溢れていると思うんですが、今回は私もそれに乗っかってみたいと思います。 笑

これは私が実際に国際結婚を通して感じた「国際結婚あるある」。少しでも共感してくれたら嬉しいです。

体感温度が全く合わない

欧米人ってアジア人に比べて体温が高い人が多いんですよね。ウチの夫もかなり体温が高いんです。そして私はかなりの冷え性体質。そのため2人の体感温度が全く合わないんです。

コレって特に冬は大変なんです。私は凍えるほど寒いのに夫は全然平気。暖房の設定温度をめぐって静かな戦いが繰り広げられます。

そして寝る時も毛布は別々。同じベッドで寝ているんですが体感温度が違いすぎて、それぞれにシングル用のブランケットを別々に使っています。(夫は薄手のブランケット。私は厚手の毛布。)←この方法結構オススメ。

この体温の違いに気が付いて、めっちゃ寒いのに半袖着てる外国人の謎が解けました。

照明の明るさが全く合わない

コレはきっと目の色素の違いだと思うんですが、まぶしさの感覚がちょっと違います。(ちなみに夫の瞳は明るいグリーン。)

そのため我が家では家中の照明が常に間接照明程度の明るさです。蛍光灯のような明るい照明だと眩しくて目が疲れるそうなんです。

だからサングラス掛けてる人が多いのかと妙に納得です。

ちなみに夫の実家もかなり照明が暗いんですよね。私からすると薄暗くて全然見えないんですが、、、。

そして私の父はガンガンに光る蛍光灯が好き。私の実家に長時間滞在すると夫は目をやられます。

花束に菊

コレって我が家だけ?

日本人にとっては菊=お葬式っていうイメージがありますが、アメリカ人の夫にはそんな感覚はありません。

私の第二子妊娠が発覚した日、夫が仕事帰りに花束を買って来てくれたんです。

「今日は花屋にいっぱい花束があったんだよ~。」と嬉しそうに。

はい。お彼岸の供え花でした😂

でも彼には今のところ一度も指摘していません。そんなちっちゃなこと良いんです。気持ちが嬉しいから。

ルー大柴が二人

スポンサーリンク



私たち夫婦の会話は日本語と英語が混ざり合ったルー語です。

基本的には私は文法が日本語、単語が英語の完全なルー大柴風。夫はその逆。付き合いたてのころは英語に統一していたんですが、何だかいつの間にかこんな感じになってしまいました。このルー語って喋るの楽なんですよね、、、。

これって絶対他の国際結婚カップルにもあると勝手に自信を持っています。

ただし最近は2歳の息子がルー語で話し始めたため、若干の危機感を感じています。このままではルー大柴が3人になってしまう気が、、、。

財布は基本的に別

日本だと夫婦どちらかがお金の管理をして、どちらかにお小遣いを渡す夫婦が多い気がするんですが(最近は違うのかな?)、欧米では財布は別の夫婦が多いんじゃないかな?と思っています。

我が家ももちろん別。お互いの財産は自分で管理しています。

現在私は妊娠中&子育て中のため夫が家計を支えているのですが、基本的に毎月の支払やら何やらは彼がすべて管理しています。(私はノータッチ)

私も時間があるときに在宅ワークやら何やらで多少は稼いでいるのですが、その分に関しては完全に夫はノータッチです。勝手に好きなものを買ったりしながら、自由に使っています。

国籍とか正直どうでも良くなる

付き合った当初は文化の違いや言葉の違いにいちいち驚き、「彼は外国人なんだ、、、。」なんて感じることも多いのですが、結婚して長い間一緒に生活していると、ぶっちゃけ国籍とか何かどうでも良くなるんですよね。というかたま~に「そういえば外国人だった。」って何となく思う程度。

明るい髪の色も、彫りの深い顔も、新鮮に見えているのは最初のうちだけ。そのうちそれが当たり前になってきます。(むしろ逆に日本人の男の人が新鮮に感じる、、、。)

そして私はこれを「良いこと」だと思っています。だって「その人」を「その人」としてしか見ていないということだから。



さて今回は、私の「国際結婚あるある」をご紹介しました。正直100組のカップルがいたら100通りの「あるある」がありそうな気もします。

あなたの「国際結婚あるある」は何ですか?

 

人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします♪
↓↓↓

国際恋愛・結婚ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました