妊娠中の海外旅行~絶対に押さえるべきポイント

妊娠・出産

スポンサーリンク

こんにちは、Sunnyです。

現在第二子を妊娠中、そして終わらないつわりに苦しんでいる私ですが、第一子妊娠中はちょうど今頃の時期に海外へ行きました。

現在の状態に比べてつわりが軽かったというのもありますが、夫の兄の結婚式にどうしても出席しなくてはならず、半ば強制的な旅行でした。

そして行先はフランス🇫🇷

成田空港からアムステルダムのスキポール空港まで約12時間。

スキポール空港から目的地のトゥールーズ(フランス)まで約2時間。

妊婦にはなかなかハードルの高い旅程です。

飛行機で赤ちゃんは大丈夫だろうか?

こんな過酷な旅程で私の身体は大丈夫だろうか?

主治医からのOKは貰ったものの、多くの不安を抱えながらの旅でした。

そこで今回、妊娠中の海外旅行で私が実際に体験して感じた「これだけは最低限押さえておくべき」と思うことついて書いてみたいと思います。

海外旅行保険は絶対に入って!

おそらく海外へ行く方のほとんどは保険に入ると思うのですが、コレって本当に本当に大事です。(この保険のありがたみは、息子初のアメリカ帰省で思い知ることとなります。今後機会があれば記事にします。)

今回の旅では実際に病院へ行くことはありませんでしたが、保険のあるなしは精神的にも全然違います。

妊娠中でも加入出来る海外旅行保険はたくさんあります。

ただし妊娠・出産・早産・流産に関する費用は一切保障対象にならない保険が多いので、保険選びは本当に気を付けて下さい!

ちなみに私が加入したのはこちら

↓ ↓
海外旅行保険のAIG

妊娠22週未満の場合、妊娠初期の異常による症状が治療・救援費用で補償されています。

飛行機の座席はココが良し!

実はこの旅行で、私は座席に関するトラブルに見舞われました。(私の完全なミスですが、、、。)

主治医に海外旅行の相談をした際に「むくみ」と「血栓」に注意するように言われていたため、足元が広めで動きやすい席を事前にネットで予約していました。

それがココ↓

飛行機の非常口の横の席です。

しかし当日空港でチェックインの際、この席には座れないと宣告されました。

この座席の乗客は事故やトラブルがあった際に他の乗客の避難を手伝う役目を担っています。そのため妊娠中など、自分自身が手助けを必要とする乗客は座ることが出来ないそうです。

そして代わりに提案されたのがココ↓

トイレやパントリーのすぐ後ろにある、前が壁の席。(赤ちゃん用のバシネットを付ける席です。)

そして結果的にこの席がとても良かったんです。

良かったポイントとしては。

「トイレが近い」。妊婦は頻繁にトイレに行きたくなるのでこの場所は最適。

「動きやすい」トイレや非常口の前は比較的スペースがあるので、こまめに動ける。(血栓予防のため。)

「足元が広い&前が壁」目の前が壁のため気兼ねなく足元に物を置ける&壁近くに置いた荷物の上に足をのせるとかなり楽。(行儀悪くてすいません、、、。)

「隣もパパ&ママ率が高い」この席は赤ちゃん用バシネットを付ける席なので、隣が子連れママ&パパ率が高いです。今回私の隣は生後1か月の赤ちゃんを連れたオランダ人ママだったので、気軽に話が出来て気が楽でした。(ほら、強面のおじさんとかだとやっぱりねぇ、、、。)

座席料金はクレジットで事前決済していたので損しましたが、結果的にはオーライでした。

妊娠中の飛行機はこの席を全力でオススメします。

事前に機内食を選んでおくと良し

スポンサーリンク



実はまだつわりが完全に終わっていなかった私は、肉や魚なんかが気持ち悪くてあまり食べれなかったんです。

そこで事前に機内食を特別食に変更しました。何とか食べられそうな「ベジタリアン」を選びましたが、コレが大正解。しかも特別食ってちょっと早めに配られるので、早く食べれてラッキー。

他に「フルーツプレート」なんかのチョイスもあったので、つわりで食事がつらい場合は機内食の事前変更オススメですよ。

ちなみにこの旅ではKLMオランダ航空を利用したんですが、特別食のバラエティがかなり豊富でした(ベジタリアンも2種類ありましたよ。)航空会社によって選べる内容も違うので、ぜひ調べてみてください。

空港の休憩場所を事前にチェックすべし

今回の旅では、乗り換えのアムステルダム・スキポール空港で約5時間の待ち時間がありました。

このスキポール空港はオランダ最大の空港だけあってとにかく広い。歩いて移動するだけでかなり疲れます。しかも空港内に時間をつぶせる施設がめちゃくちゃ充実しおり、空港内にカジノもあるんです。

空港の中もかなりお洒落で素敵だったんですが、、、

ただ、、、

ゆったり座れる椅子がほぼ皆無だったんです。

お洒落な木のベンチなんかは空港中にあったんですが、待ち時間の間にゆったり座れるリクライニングチェア的なものがありませんでした。

いや、きっとあったんでしょうが見つけられませんでした。

2時間ほど経ったあたりで体力の限界を感じ、横になりたい衝動にかられたのですが、なにせ休める場所がない。仕方なく固い木のベンチに座ってやり過ごしました。(調子に乗ってカジノで遊んだことを悔いていました。)

この時間が正直この旅の中で一番キツかった。

体力も限界、眠気も限界。

なのに横になれない。腰が痛い。寝れない。楽な姿勢が取れない。休める場所を探して歩く気力もない。

妊娠中ってホントに体力がいつも以上にないので、乗り換えなどで長い時間を空港で過ごすのであれば事前に休める場所をリサーチしておくことをオススメします!

スケジュールは余裕を持って

旅行中はついついスケジュールを詰め込みたくなるものですが、タイトなスケジュールは避けたほうが無難だと思います。

妊娠中は自分が思っているよりずっと体力が落ちていて、疲労を回復するのに結構時間がかかります。

しかもわたしの場合、いつもより時差ボケの症状がかなり強く出ました。

フランスには1週間ちょっと滞在したのですが、正直最後まで完璧に時差ボケは治りませんでした。(普段は2,3日くらいで慣れるんですが。)

食べちゃダメなものをしっかり把握して!

生の刺身やレバー、マグロ、加熱処理していないチーズなど、妊娠中に控えるべき食材はたくさんあるんですが、日本だけでなく滞在国で「食べてはいけない」と言われているものもしっかりチェックしてください。

わたしが今回の旅で危うく食べそうになったのがコレ

そう、フォアグラ。
フォアグラなんて普段食べないので、妊娠中に食べちゃダメだって知りませんでした。

もし海外に滞在するのであれば、その国の食事で妊娠中に控えたほうが良いと言われているものをしっかり調べてください。

スポンサーリンク



今回は妊娠中の海外旅行について書いてみました。これはすべて私が実際に感じたことなので皆に当てはまるとは限りませんが、少しでも参考になれば嬉しいです。

ちなみに現在はまだまだつわりが酷く、正直海外へ行く気力も体力もありません、、、😢

こんなに違う!? 1人目と2人目 つわりを徹底比較!!

人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします♪
↓↓↓

国際恋愛・結婚ランキング



スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました