【妊娠中の海外旅行】妊婦の海外旅行で注意すべきポイントまとめ

【妊娠中の海外旅行】妊婦の海外旅行で注意すべきポイントまとめ妊娠・出産
スポンサーリンク




現在第二子を妊娠中そして終わらないつわりに苦しんでいる筆者だが、第一子妊娠中はちょうど安定期少し前の時期に海外へ行った経験がある。

第二子妊娠時に比べてつわりが軽かったというのもあるが、夫の兄の結婚式にどうしても出席しなくてはならず半ば強制的な旅行だった。

行先はフランス

成田空港からアムステルダムのスキポール空港まで約12時間。

スキポール空港から目的地のトゥールーズ(フランス)まで約2時間。

妊婦にはなかなかハードルの高い旅程である。

飛行機で赤ちゃんは大丈夫だろうか?

こんな過酷な旅程で私の身体は大丈夫だろうか?

主治医からのOKは貰ったものの、多くの不安を抱えながらの旅だった。

そこで今回、実際に妊娠中の海外旅行を体験して感じた「注意点と最低限押さえておくべきポイント」について書いてみたいと思う。

【妊娠中の海外旅行】妊婦の海外旅行で注意すべきポイント

スポンサーリンク




海外旅行保険は必ず入って!

おそらく海外へ行く方のほとんどは保険に入ると思うのだが、これは本当に本当に大事だ。(この保険のありがたみは、息子初のアメリカ帰省で思い知ることとなる。今後機会があれば記事にしてみたいと思う。)

今回の旅行中は実際に病院へ行くことはなかったのだが、保険のあるなしは精神的にも安心感が全く違う。そして万が一旅行先で現地の病院を受診した際に、治療内容によっては高額請求をされるリスクがあることを覚えておいて欲しい。

しっかりと保険に入ることは、当たり前のことと考えるべきだ。

中には「クレジットカードに付帯の保険があるから大丈夫!」と思っている方もいるとは思うが、妊娠・出産・早産・流産に関する費用は一切保障対象にならない保険が意外と多いので保険選びは慎重に行いたい。

ちなみに私が加入したのはこちら

↓ ↓
海外旅行保険のAIG

妊娠22週未満の場合、妊娠初期の異常による症状が治療・救援費用で補償されている。

飛行機の座席 妊婦はどこに座るべき?

海外旅行となると飛行機の機内で過ごす時間が結構な長さになるだろう。どうせなら楽な席に座りたいというのが正直なところ。

実はこの旅行で、私は飛行機の座席に関するトラブルに見舞われたのだった。(私の完全なミスなのだが、、、。)

主治医に海外旅行の相談をした際に「むくみ」「血栓」に注意するように言われていたため、足元が広めで動きやすい席を事前にネットで予約していた。

それがココ↓

飛行機の非常口の横の席である。

しかし当日空港でチェックインの際、この席には座れないと宣告された。

この座席の乗客は事故やトラブルがあった際に他の乗客の避難を手伝う役目を担っている。そのため妊娠中など、自分自身が手助けを必要とする乗客は座ることが出来ないのだ。(私は予約の際の注意書きをしっかり読んでいなかった。)

チェックインカウンターでのドタバタ劇の末、代わりに提案されたのがココ↓

トイレやパントリーのすぐ後ろにある、前が壁の席。(赤ちゃん用のバシネットを付ける席。)

そして結果的にこの席がとても良かった

良かったポイントとしては。

「トイレが近い」⇒妊婦は頻繁にトイレに行きたくなるのでこの場所は最適。

「動きやすい」⇒トイレや非常口の前は比較的スペースがあるので、こまめに動ける。(血栓予防のため。)

「足元が広い&前が壁」⇒目の前が壁のため気兼ねなく足元に物を置ける&壁近くに置いた荷物の上に足をのせるとかなり楽。

「隣もパパ&ママ率が高い」⇒この席は赤ちゃん用バシネットを付ける席なので、隣が子連れママ&パパ率が高いのである。今回私の隣は生後1か月の赤ちゃんを連れたオランダ人ママだったので、気が楽だった。(強面のおじさんが隣なのとは気分も違うものだ、、、。)

座席料金はクレジットで事前決済していたので金額的には損をしたのだが、結果的には良かったように思う。

妊娠中の飛行機はこの席を全力でオススメしたい。

スポンサーリンク



つわり中の飛行機 事前に機内食を選ぼう

私が海外へ行った時期はまだつわりが完全に終わっていなかった。そのため肉や魚などが気持ち悪くてあまり食べれなかったのだ。

そこで事前にネットで機内食を特別食に変更。何とか食べられそうな「ベジタリアン」を選んだのだが、コレが大正解。しかも特別食は少し早めに配られるので、早く食べることが出来てラッキーだった。

他に「フルーツプレート」などの選択もあったので、つわりで食事がつらい場合は機内食の事前変更がオススメだ。

ちなみにこの旅ではKLMオランダ航空を利用したのだが、特別食のバラエティがかなり豊富だった。(ベジタリアンも2種類あった。)航空会社によって選べる内容も違うと思うので、ぜひ調べてみて欲しい。

空港の休憩場所は事前にチェックしておこう

今回の旅では、乗り換えのアムステルダム・スキポール空港で約5時間の待ち時間があった。

このスキポール空港はオランダ最大の空港だけあってとにかく広い。

歩いて移動するだけでかなり疲れる。

しかも空港内に時間をつぶせる施設が非常に充実しおり、空港内にカジノまである。

空港の中もかなりお洒落で素敵だったのだが

ただ、、、

ゆったり座れる椅子がほぼ 皆無だった。

お洒落な木のベンチなんかは空港中にあったのだが、待ち時間の間にゆったり座れるリクライニングチェアやソファが無かったのだ。

いや、きっとあったのだろうが見つけられなかった。

2時間ほど経ったあたりで体力の限界を感じ横になりたい衝動にかられたのだが、なにせ休める場所がない。

仕方なく固い木のベンチに座ってやり過ごした。(調子に乗ってカジノで遊んだことを悔いていた。)

正直言うと、この旅の中でこの待ち時間が一番キツかったように思う。

体力も限界、眠気も限界。

なのに横になれない。

腰が痛い。

寝れない。

楽な姿勢が取れない。

休める場所を探して歩く気力もない。

妊娠中は体力がいつも以上に無いものだ。

長い時間を空港で過ごすのであれば、事前に休める場所をリサーチしておくことを全力でオススメしたい。

スケジュールは余裕を持って設定しよう

旅行中はついついスケジュールを詰め込みたくなるものなのだが、タイトなスケジュールは避けたほうが無難だろう。

妊娠中は自分が思っているよりずっと体力が落ちているものだ。そして疲労を回復するのに倍以上の時間がかかる。

しかもわたしの場合、いつもより時差ボケの症状がかなり強く出たのだった。

フランスには1週間ちょっと滞在したのだが、正直最後まで完璧に時差ボケは治らなかった。(普段は2,3日くらいで慣れるのだが。)

妊婦が食べてはいけない食品を把握すべし

生の刺身やレバー、マグロ、加熱処理していないチーズなど、妊娠中に控えるべき食材はたくさんあるが、日本だけでなく滞在国で「食べてはいけない」と言われているものもしっかりチェックして欲しい。

わたしが今回の旅で危うく食べそうになったのがコレ

そう、フォアグラ

フォアグラなど普段食べないので、妊娠中に食べてはいけないということを知らなかったのだ。

もし海外に滞在するのであれば、その国の食事で妊娠中に控えたほうが良いと言われているものをしっかり調べておくべきである。

スポンサーリンク



事前にしっかり準備して、楽しいマタ旅を!

「マタ旅」なんていう言葉も一般的に浸透し始め、妊娠中に海外へ行く方の数も年々増えているように思う。

せっかくの海外旅行、しっかりと準備して安全に楽しみたいものである。

今回紹介した注意点は私が実際に体験して感じたこと。まだまだ細かいことはいっぱいあるのだが、最低限これらは押さえておいて欲しい。

ちなみに第二子妊娠中の現在はつわりが酷く、海外旅行どころではないのである、、、。

こちらの記事もチェック↓

これが私のつわり飯!つわり中の食事まとめ
つわり中は食事の好みがガラリと変わることも珍しくありません。第一子&第二子妊娠を通して私が実際に体験した、「つわり中に食べたくなった食べ物」をまとめてみました。つわりが軽減した食べ物も紹介していますので、参考にしてみてくださいね。
買って良かった&レンタルでも良かったベビーグッズまとめ
赤ちゃんを迎える準備って本当に大変ですし、お金も掛かります。特に第一子だと何を準備して良いのか戸惑ってしまうことも多く、結局思いつくままに様々なベビーグッズを揃えてしまい、後から後悔することも多いのでは?今回は私が実際に「買って良かった!」また「これはレンタルで良かった!」と感じたベビーグッズを紹介したいと思います。

人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします♪
↓↓↓

国際恋愛・結婚ランキング



タイトルとURLをコピーしました