ここが変だよ日本人!外国人夫が日本で感じたカルチャーショック

ここが変だよ日本人 外国人夫が日本で感じたカルチャーショック海外・文化
スポンサーリンク




前回の「アメリカで私が感じたカルチャーショック」に続き、今回はアメリカ人夫が日本で驚いたことについてご紹介してみよう。

日本人にとっては当たり前のことも、外国人には不思議に感じることが多いのである。

そう、カルチャーショックは意外と小さな日常に潜んでいる。

驚いた!!アメリカで感じたカルチャーショック
ココが変だよアメリカ!!夫の出身国であるアメリカ。最近では劇的に驚くことは少なくなってきたものの、やはり行く度に小さなことにカルチャーショックを感じるものだ。今回はそんな私が感じたカルチャーショックについて紹介してみたいと思う。

外国人は日本でこんな事にカルチャーショックを感じている!

スポンサーリンク




駅で電車を待つ時、自然と列になる日本人

現在は家族で田舎暮らしの我が家だが、夫が来日した当時は都会暮らし。夫は毎朝通勤ラッシュに揉まれていたようである。そしてそこで見た「列になって電車を待つ日本人の姿」に驚きを隠せなかった。

割込みをする人がいない。

皆が決まった位置に綺麗に整列している。

そして毎朝決まった停車位置にピタッと止まる電車。

この毎朝同じように繰り返される光景に心底驚いたようである。

これは日本人にとっては当たり前の光景であるのだが、、、。

確かにアメリカじゃありえない。(おっと失礼)

とにかくお辞儀 どんな時でもお辞儀

お辞儀の文化がない国で育った夫にとっては、このお辞儀が未だに不思議なものである。

特に運転中道を譲った時などに車の中でお辞儀することや電話の最中にお辞儀することがツボなご様子。

「日本人ってすごいよね。車の中でもお辞儀するんだよ!」

「電話だから見えてないのにお辞儀しているよ!」

と言っています。

とは言いながら、日本に染まりすぎた夫もたまにつられてお辞儀をしてることを私は知っている。

むしろそちらの方がツボである。

スポンサーリンク


クラクション全然鳴らさない

夫は運転が荒いことで悪名高いボストン近郊の出身。確かにこの辺りの運転マナーはかなり悪い。私自身赤信号で止まってい時に後ろから激しくクラクションを鳴らされた経験がある。とにかく街中はクラクションの音が凄い。

そのため夫にとってはクラクションの音がほとんど聞こえない日本の運転風景が不思議に映るようだ。

日本で運転するときは夫もかなり気を使っており、クラクションはまず使わない。

先日信号待ちをしていたところ、前に停車中の車が青信号に気づかず発車しないことがあった。夫は辛抱強く気が付くまで無言でジーーーーっと待っていた、、、。

いや、そこは鳴らそう。

あちこちコンビニだらけ

確かに日本のコンビニ普及率はすごい。

都会に行くと数歩歩いてまたコンビニ、その向かいにもコンビニなんて光景も良くある。

コンビニは便利だし私もしょっちゅう行くのだが、言われてみると確かにそんな近距離に複数必要なのか?

家の天井が低すぎる

これまで特に天井の高さを気にしたことはなかったのだが、確かに欧米に比べると日本の天井や襖のへりは随分と低い。今現在は天井が高めの家に住んでいるのだが、以前古めの賃貸に住んでいた時はしょっちゅう頭をぶつけていた。

そして夫の家族が日本に遊びに来た時には、義理父も毎日のように襖のへりに頭をぶつけていた、、、。(身長190cm)

家の中が寒すぎる(何故セントラルヒーティングが普及しないのか?)

これは以前の記事アメリカのココが好きだ!!でも少し触れたのだが、アメリカではセントラルヒーティングシステムが普及しているため、どんなに寒い地域であろうと家の中は暖かくて快適である。それに比べて日本の住宅は「部屋の中」を個別で暖めることが一般的なため、廊下やトイレ、洗面所などは絶望的に寒い。日本の冬を初めて経験したときは、この寒さに驚愕したそうだ。

何故日本ではセントラルヒーティングシステムが未だ普及しないのか?

というのは私の中でも正直疑問である。

スポンサーリンク


みんなマスクを着けている

確かに欧米ではマスクがあまり普及していない。そのため日本のようにたくさんの人がマスクをしている光景はやや異様に見えるようだ。

確かに日本人は本当にマスクが好きだ。

感染予防というだけでなくスッピン隠しなどで付けることもあるだろうし、最近ではファッションの一部になっていたりもする。

わたしは個人的にこのマスクは良い文化だと思っている。自分が菌をもらわないというだけではなく、他者に移さないという気遣いが素晴らしいではないか。

いまだにFAXが普及している

夫に言われるまでFAXは普通だと思っていたのだが、夫曰く「こんなにIT技術が発展した国で、いまだにFAXが普及してるのがおかしい」のだそう。たしかに職場では未だにFAXが一般的に使用されていたりする。

そう言われてみるとスキャンしてメールで良いんじゃないか?とも思う。

クリスマスにはケンタッキー

アメリカでクリスマスと言えばコレ↓↓

そう、ターキー。

そのため日本はなぜクリスマスにケンタッキーを食べるのか未だに謎の様子。

そしてアメリカで「日本人はクリスマスにケンタッキーを食べるんだよ。」というと結構ウケる。

確かにいつから「クリスマスにはケンタッキー!」が定着したのだろう。ケンタッキーのマーケティングは大成功だ。

スポンサーリンク


はじめて来日したときにはいたるところでカルチャーショックを感じていた夫であるが、今ではもう10年も日本に住んでいるため、どっぷりと日本文化に浸かっている。

むしろアメリカに帰省した際に逆カルチャーショックが発生する率が年々上がっているような気もするのである。

コチラの記事もおすすめ↓

日本人による「無意識」で「悪気のない」人種差別
「人種差別」と聞くと皆さんはどんなことを想像するだろう?日本人は「差別される」ことには敏感だが「差別する」ことに関しては非常に鈍感な国民だと常々思います。今回は日本人による「無意識で」「悪気のない」人種差別について考えてみたいと思います。
国際結婚したい?国際結婚のメリットについて
日本人同士の結婚に比べ、国際結婚は確かに大変なことが多いのも事実です。しかし国際結婚だからこそ得られるメリットも沢山あるんです。今回は私が実際に国際結婚をして「良かった」と感じた、国際結婚のメリットについてご紹介したいと思います。

人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします。
↓↓↓

国際恋愛・結婚ランキング

こちらの記事もおすすめ↓

外国人夫が溺愛する日本食ランキング
外国人が好きな日本食と言うと一般的には「寿司」や「天ぷら」、「ラーメン」などが例に挙がることが多いですよね。しかし日本在住歴も10年を迎えどっぷりと日本の食事に浸かった私の夫は、この王道とはまた少し違った日本食を溺愛しています。今回はそんなアメリカ人夫が、愛して止まない日本食の数々をランキングでご紹介してみたいと思います。
アメリカのココが好きだ!!
アメリカ人の夫を持つ私が選んだ「アメリカのココが好き!!」についてご紹介します。アメリカの習慣はやっぱり日本とは全然違う!でも良いものは良いし、便利なものはやっぱり便利なんですよね。
タイトルとURLをコピーしました