驚いた!!アメリカで感じたカルチャーショック

海外・文化
スポンサーリンク




皆さんは海外へ行ったときに、どんなことでカルチャーショックを感じるだろうか?

最近ではテレビやSNSで沢山の情報を得ることが可能なため、そこまで劇的に驚くことはあまり多くはないかもしれない。しかしそれでも外国へ行く度、小さなことにカルチャーショックを感じたりするものである。

今回は夫の出身国である「アメリカ」で、私が実際に感じたカルチャーショックについて少しご紹介してみよう。

私がアメリカで感じたカルチャーショック!

スポンサーリンク




会計前に普通に食べる&飲む

夫と息子と買い物をしていた際、お腹が空いてぐずり始めた息子に夫がクッキーの箱を開けて手渡したことがあった。もちろん会計前。

そんな夫の暴挙に私はもちろん驚いたのだが、夫は「後で会計するから大丈夫。」と一言。

小心者の私は買い物の間中、お店の人に怒られるのではないかとヒヤヒヤしていたのを覚えている。

そしていざ会計。

レジ係の男性に「これもお願い。」と息子が半分食べたクッキーの箱を手渡すと、「OK!」と笑顔で一言。

アメリカって自由だな。

しかしこれでは一口食べて棚に戻したりしても絶対に分からないだろう。

間違いなくやっている人はいるだろう、、、。

Walmartに普通に銃が売っている

これには正直とても驚いた。

はじめはサバイバルゲーム用の銃?などと思っていたのだが、これは普通に本物の銃なのだ。

量販店で普通に銃が売っている手軽さが衝撃である。

この手前あたりには子どものおもちゃが売っている、、、。

日本に住んでいたら銃など見る機会がないので、いつもまじまじと見てしまう。

※Walmart・・・アメリカを代表するスーパーマーケットチェーン。

ゴミの分別が適当である

日本では燃えるゴミ・燃えないゴミの他に、プラスチック、ダンボール、新聞、ガラス類、、、と無限にゴミの分別ルールが決まっているのだが、夫の実家ではこの分別が非常に適当で驚いた。

これは州や地域によって大きな差があるのかもしれない為、一概に「アメリカでは」などと言えないのだが、自宅のゴミ箱は基本的には特に分別していない。公共の場所では日本と同じように「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」くらいは分別してあるのだが。

これはゴミの集積場で分別しているのだろうか?それとも分別自体をしていないのだろうか?

どちらにせよ、ゴミを捨てる側としては楽で助かる。

スポンサーリンク


店員の私語がすごい

スーパーマーケットでもファストフード店でも、レストランでも、従業員が仕事中におしゃべりばかりしているのに驚きが隠せない。スーパーのレジ打ちをしながら隣のレジの従業員とおしゃべりなんて序の口だ。

日本だったらおそらくクレームものだろう、、、などと思いつつも、きちんと仕事してくれるのであれば「ま、いいか。」とも思う。

しかし海外に行くとつくづく思うのだが、日本のサービス業は本当にすごい。「そこまで徹底しなくても良いんじゃないか。」と思うこともあるのだが、やはり素晴らしい文化だと感心してしまう。

ケーキやお菓子が絶望的に甘い

アメリカのケーキやお菓子は、見た目もどぎついが味もなかなかのモノである。見た目通り絶望的に甘い。まるで砂糖をそのまま食べているようだ。もちろん美味しいケーキも沢山あるのだが、スーパーなどで手軽に買えるホールケーキはほぼ絶望的な甘さだ。

そして、コンビニやスーパーで手軽に買える「Candy Bar」もなかなかヤバイ。

日本でも人気の「Sneakers」を筆頭に「Butterfinger」や「3Musketeers」など、喉が焼けるような甘さのお菓子が勢ぞろいしている。

ちなみに私の夫はSneakersが大好きで日本でも良く食べているのだが、何故か「そんなに甘くない。」と言い張る。しかも日本のお菓子を「甘くて食べられない。」という始末。

アメリカ人と日本人は味覚が違うようである。

スポンサーリンク



庭に来る野生動物のレベルが高い

日本で庭に来る動物というと、カラスや雀、野良猫くらいなものだが、アメリカの野生動物は相当レベルが高い。

私の夫はニューイングランド地方の田舎町出身。

そんな実家の庭にこれまで訪れた野生動物を紹介してみよう。

リスの大群

七面鳥の大群

コヨーテ

ボブキャット

まるでサファリパーク。

日本でこんな動物が庭にやって来たら間違いなく発狂レベルである。

たまにテレビで見る「警察官がサルを捕獲する」などとは訳が違う。



スポンサーリンク

さて、今回はアメリカで私が感じたカルチャーショックについて紹介させていただいた。

次回は、「夫が日本で感じたカルチャーショック」についても書いてみたいと思うので、ぜひ読んでみてほしい。

ここが変だよ日本人!外国人夫が日本で感じたカルチャーショック
日本人には当たり前のことも外国人にとっては不思議に感じることが多いものである。今回はアメリカ人夫が実際に日本で驚いたことについて書いてみようと思う。そう、カルチャーショックは意外と小さな日常に潜んでいるのである。

人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします。
↓↓↓

国際恋愛・結婚ランキング

 

タイトルとURLをコピーしました