国際結婚したい?国際結婚のメリットについて

国際結婚のメリットとは?国際結婚

スポンサーリンク

国際結婚したい?国際結婚のメリットについて

こんにちは、Sunnyです😀

前回の記事では、私が常日頃から感じている「ココがツライよ国際結婚」についてご紹介しました。

ここがツラいよ国際結婚 国際結婚はこんなところが大変!
国際結婚をしていると「いいな~」「羨ましい!!」なんて言われることが多いです。確かに国際結婚にはメリットも沢山あるのですが、やはり日本人同士の結婚では直面しないような問題も沢山あるのが事実。今回は実際に国際結婚を通して感じた「ここが大変!」について紹介したいと思います。

しかし国際結婚にはデメリットだけでなくメリットも沢山あるんです。今回は実際に国際結婚をして良かった!と思う「国際結婚のメリット」について紹介していきたいと思います。

いつでも「I LOVE YOU!」~愛情表現が豊か

「欧米人は愛情表現が豊か」というイメージはもう定着していますが、実際にそのイメージは間違っていないと思います。愛情表現に「照れ」が全くないので、いつも基本的に直球ストレート。人前でも平気で愛情表現をしてきます💏というか、何をするにしても人の目を気にしない文化なんでしょうね。

まず、家でも外出先でも「手を繋ぐ」「腰に手を回す」「抱きしめる」なんていうボディタッチは当たり前。人が居ようが関係ありません。私の両親が居ても普通に愛情表現してくるので、純日本人の私はちょっと気まずくなることも、、、。これに慣れるのには少し時間がかかりましたね。

そして、「とにかく褒める」。朝から晩までとにかく褒めてくれます。朝イチのボサボサ髪ですっぴんだろうがとにかく褒めてくれます。

日本では「謙遜」の文化が根付いているので、パートナーのことを人前で褒めることってあまりないですよね。しかし欧米人は人前でもパートナーをけなしたり謙遜することはありません。

このストレートな愛情表現は慣れるまではかなり恥ずかしいですが、慣れてしまえば意外と居心地が良いものです。日本人とお付き合いしていた時は、「本当に彼は私のこと好きなんだろうか?」なんていう心配をすることもあったのですが、国際恋愛中はそういったことで不安になることはありませんでした。

不安になったり涙したりも恋愛の醍醐味ではありますが、長い結婚生活を送る上では正直めんどくさいので、駆け引きしたり不安になったりする必要のないストレートな愛情表現は、国際恋愛&国際結婚の利点だと思っています。

家事や子育てに積極的

私はどちらかというと「亭主関白」な家庭で育ち、父が家事をしているのを見た記憶がほぼありません。そのため夫の実家を初めて訪れた時、義理父が家事などを積極的に行う姿に衝撃を受けました。(というか義理母が強すぎるとも言える。)現在では「イクメン」なんて言葉も普通に使われるようになりましたが、日本で「家事・育児」を共同作業と据えている男性はどれだけいるんでしょうね。「手伝ってやってる感」をヒシヒシと感じますよね。

現在私たち夫婦には2歳の息子がいますが、育児は完全に共同作業です。おむつ替えも寝る前の絵本読みもすべて交代で行い、お風呂に至ってはほぼ100%夫と入っています。

家事については、料理は私が担当していますが(夫は料理が全くダメ。)、皿洗いや洗濯、ゴミ出し、掃除などは基本的に出来るほうがやるというスタイル。そしてこれらすべてを助け合いながら行うことを「当たり前」と考えています。

男女の役割がキッチリと分かれている日本と違い、「家事・育児=共同作業」と据え、当たり前のこととして協力できる環境には、心から「あぁ良かった。」と思います。

スポンサーリンク


日本の良さを再確認出来る

私はもともと「日本大好き🇯🇵」なんですが、国際結婚をしたことで日本の良さを再確認することが出来たように思います。

外国のパートナーを持つことで海外へ行く機会も多くなり、外国の文化に触れる機会も一気に増えます。国際結婚しなければ知ることがなかったであろう沢山の習慣や文化に触れる度、自国の習慣や文化について深く考えるキッカケになりました。

日本語の美しさや日本独特の習慣、四季の移ろいや気遣いの細やかさなど、他の文化を知らなければ、深く考えることもなく「当たり前」のものと思っていたことも多いように感じます。

そして「日本人」としての自分のアイデンティティを誇りに思えるようになりました。

視野が広くなる

国際結婚は「自分の常識」をぶち壊されることの連続です。

国が違えば考え方も違い、これまでに生きてきた「常識」は「常識」ではないことを思い知ります。

そして違う国で生まれ育った2人が同じ家庭の中で生活するということは、この「当たり前」や「常識」が混在するということ。そのためには広い視野を持ってお互いを見ることが必要不可欠なのではないかと思います。

私たち夫婦は生まれた国も宗教も違います。どうしても理解できないことも正直たくさんあります。しかしすべての物事には多様性があり、広い視野をもって見方を変えるだけで、これまでと違ったものが見えてくることもあります。

「世界は広い」そして「自分のものさしが全てではない」

当たり前のことだけど、自分の視野が狭いとつい忘れてしまうんですよね。

可能性が広がる

「どちらの国にも住める」というのは国際結婚の醍醐味のひとつでもあると思います。これって結構すごいことですよね。ひとつの国に縛られることなく仕事を探したり、今後の人生設計が出来るのはすごくラッキーだなと実感しています。私たちは現在日本在住ですが、将来的にはアメリカへの移住も考えており、自分たちの状況に応じて、その時々でベストな選択をしようと思っています。

そして更に子どもたちにも多くの可能性を与えられることは、とてもメリットに感じています。現在息子は2歳半ですが、英語も日本語も理解しており、区別しながら話しています。このままいけばおそらくバイリンガルになるかな?と期待しています。

言葉の教育を家庭の中で自然に出来るなんて、もうメリットしか感じません。

国籍に関しても、将来的に自分で選ぶことが出来ますしね。(本当はダブル国籍が認められて欲しいですけどね。)

子どもにもたくさんの選択肢を与えることが出来るのは、親としてはとても嬉しいです。

今回は国際結婚をして感じる「ココが良かった!!」について紹介させていただきました。

国際結婚は確かに大変なことも沢山ありますが、私は実際に国際結婚をしてみて「良かった」と感じることのほうが多いです。

これから国際結婚をする予定の方

国際結婚を迷っている方

少しでも参考になれば嬉しいです。

こちらも合わせてチェック↓

外国人と付き合いたい!外国人にモテる日本人女性の特徴とは?
女性の好みは人それぞれ。しかし沢山の国際恋愛&国際結婚カップルを見ていると「外国人にモテる女性に共通する点」というのは確かにあるんじゃないかな?と思うことがあります。私の周りの国際カップルを見ていて気がついた「外国人に人気のある女性のタイプ」をまとめてみたいと思います。
結婚相手の選び方 ~私が重視した3つのポイント~
結婚、離婚、再婚を経験し、現在は幸せな結婚生活を手に入れた筆者が伝えたい「結婚相手の選び方」。「相手次第で結婚は天国にも地獄にもなる」婚活に力を入れるあなた。そして結婚を迷っているあなたにぜひ伝えたい3つのポイントをご紹介します。

人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします♪
↓↓↓

国際恋愛・結婚ランキング

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました