【バイリンガル育児】英語の絵本 オススメはどれ?①

子育て

スポンサーリンク

こんにちは、Sunnyです😀

2歳になるうちの息子は夫に似てとにかく読書が大好きなんです📕

毎日寝る前には5冊~10冊もの本を読むのが最近の日課になっています。(読み聞かせるのは私なんですけどね、、、😅)

いつも日替わりで沢山の本を読んでいるのですが、その中でも特に息子がお気に入りのオススメをいくつか紹介したいと思います。

 

GOOD NIGHT MOON / by Margaret Wise Brown

「おやすみなさいおつきさま」の邦題で日本でも出版されている、マーガレット・ワイズ・ブラウンの「GOOD NIGHT MOON」。

身の回りのものに順番に「おやすみ」を言っていくという何の変哲もない内容なんですが、簡単な表現をリズム良く繰り返すので、めちゃくちゃ眠くなります。日本語版も悪くはないんですが、この英語版のほうが韻の踏み方が心地よく、自然に眠りにつくことが出来るような気がします。

というか、読んでいる私が確実に眠くなります💤

そして実はこの本、夫が子どもの頃にも寝る前に読んでいたらしくなかなか思い入れがある様子。息子も1才頃からずっと、寝る前には必ずこの本を読むように(夫が強制)しています。

でも、親子で同じ本を読むことが出来るのってなんか良いですよね💕

GOODNIGHT MOON(P) [ MARGARET WISE BROWN ]

価格:979円
(2019/6/26 22:02時点)
感想(27件)

How Do Dinosaurs Say Good Night? / by JANE YOLEN & MARK TEAGUE

この本も寝る前に読んでいる本なのですが、やんちゃな子どもを恐竜に見立てて、「恐竜たちはどうやってママにおやすみって言うの?」「顔を横に大きく振るの?」と、ユーモア(皮肉?)たっぷりに描いています。寝る前にぐずったり、嫌がってなかなか寝ない子どもへのしつけにも役立つ内容になっていて、私的にかなりオススメです。

How Do Dinosaurs Say Good Night? HOW DO DINOSAURS SAY GOOD NIGH (How Do Dinosaurs…?) [ Mark Teague ]

価格:2,643円
(2019/6/26 22:06時点)
感想(0件)

実はこの本はシリーズになっていて、この他にも色々なバージョンがあるんです。

これは、「How Do Dinosaurs Say I’M MAD?」「恐竜たちはどうやって怒ってるって言うの?」という「怒り」の感情を上手に伝えるための本です。

これは、「How Do Dinosaurs Eat Their Food?」「恐竜たちはどうやってご飯を食べるの?」という食事マナーに関する本です。

この他にも「お友達との遊び方」や「1から10までの数え方」など、なかなか役立ちそうな内容がラインナップされていて個人的にも「良いとこ突いてるな」と思っています。

実はこの本は近所のリサイクルスペース(要らないものを寄付して欲しい人が無料で持って行ける場所)からタダで貰ってきたんですが、読んでみたら内容がかなり良かったので、シリーズで全部揃えちゃいました。

How Do Dinosaurs Say I’m Mad? HOW DO DINOSAURS SAY IM MAD (How Do Dinosaurs…?) [ Jane Yolen ]

価格:2,643円
(2019/6/26 22:07時点)
感想(0件)

How Do Dinosaurs Eat Their Food? HOW DO DINOSAURS EAT THEIR FOO (How Do Dinosaurs…?) [ Mark Teague ]

価格:2,643円
(2019/6/26 22:08時点)
感想(0件)

MY FIRST PEEK-A-BOO ANIMALS / by ERIC CARLE

エリック・カールによる「PEEK-A-BOO(いないいないばあ)」の本です。

それぞれのページに動物が描かれていて、「PEEK-A-BOO」とめくる仕掛けになっています。

エリック・カールというと言わずと知れた「はらぺこあおむし」が有名ですが、もう少し小さな子どもにはこちらの方が個人的にオススメです。海外のめくる仕掛け絵本って、めくる箇所が固かったり小さいものが多いような気がしますが、この本はめくるページも大きめなので小さな子どもでも無理なく楽しむことが出来ると思います。

Kylie Cow Learns Colors by Robbie Jacobs

白と黒しか知らなかった牛の「カイリー」が、アヒルの「ダニー」や農場の小屋、青い空などを通して新しい色を学んでいく物語です。ちょうど息子に色を教えているときに読んでいました。

実はこの本は、家族ぐるみで仲の良いお友達のパパが作った本なんです。娘さんの「カイリーちゃん」のために作った、愛に溢れた1冊です💕

うちの息子が産まれたときにプレゼントしてくれ、それ以来家族で大事に読んでいます❤

スポンサーリンク


今回は私と息子のお気に入りの絵本を紹介させていただきました。

夫の家族が本好きのためいつも海外から大量の絵本を送ってくるため、我が家にはかなりの量の絵本があります。今日紹介した本はその中でもかなりの頻度で読んでいるオススメです。もしよければ絵本選びの参考にしてみて下さい。

次回は「その2」として、車好きな息子が喜ぶ海外の絵本をいくつか紹介したいと思っています🚗

続きはこちらから
↓ ↓ ↓
私がおススメする海外の子ども向け絵本②

人気ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願いします♪
↓↓↓

国際恋愛・結婚ランキング

この記事をシェアする

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました